ホーム / ファッション / メンズファッションについてアドバイスします

メンズファッションについてアドバイスします

メンズファッションのポイント

自分に合うピッタリのサイズを選ぼう
メンズファッションについて根本的なことをアドバイスします。
多くの男性が自分の体より少し大きめのサイズの服を着ると思います。ですが、これは間違いです。服のサイズは自分に合うピッタリのサイズを選びましょう。大き目の服装は、その人をダラしなく見せてしまいますのでジャストサイズを選ぶことがおしゃれなのです。そして、シンプルな形の服がいいですね(変なところにポケットがあるとかはNGです)。色は奇抜すぎない程度で、蛍光色はなるべく避けましょう。これら3つのポイントに気をつけることで、必然的にファッションセンスがあるオシャレさんに見えることもあるので実践してみましょう。

メンズファッションに俳優の存在は不可欠

今が旬であったり、評価が高い俳優さんのファッションを参考にしているという男性の方はとても多いことでしょう。メンズファッション誌などの表紙を飾っていたり、特集ページを組まれていたりと、人気のある方がクローズアップされています。

コーディネイトを考えたり、新しい洋服を購入しようというときには、こういった俳優さんを意識したり、参考にするとよりイメージが湧きやすいものです。そういった背景から、ファッション誌には多くの有名人の方が登場しています。インターネットでは有名人の私服を参考にすることができます。テレビなどで着ている服は衣装であることがほとんどですが、私服を見ることによって、その方の本当の姿やファッションセンスを垣間見ることができます。大好きな俳優さんのファッションもチェックしてみましょう。

「おしゃれは足元から」と言われています

メンズファッションは足元からが重要だと思います。靴って重要ですよね。靴と言うものは、服装に合わせて色や形を選び、いつでもキレイにしていなくてはならないアイテムなのです。日本人の男性は洋服には気を使うのですが、なぜか足元には無頓着な方が多い(毎日、同じスニーカー、同じ革靴で生活していませんか)。ファッション業界では「おしゃれは足元から」なんて言われているのですから、もっと、靴のおしゃれを楽しむようにしましょう。洋服に合わせるなら、最低でも10足くらいは持ってないとダメだと言われています。

ラフなメンズファッションでキメる

メンズファッションはラフな感じで合わせられるアイテムを選ぶようにしましょう。表現が曖昧ですが、少しズラしたメンズファッションって感じですかね。ルーズ感を出してラフに合わせるといったところです。とくに夏場は季節柄、ルーズ差とラフ差で見た目から涼しくなるといったメンズファッションがいいのです。

代表的なものを上げれば、アジアンテイストのファッションアイテムはポイント高いと言われています。ここで間違えてしまいがちなのが、ダラシナイ格好とラフなファッションといったところなので、しっかりと違いを把握しておいたほうがいいと思います。夏はラフなファッションでキメましょう。

おすすめ情報
美容や健康、暮らしに役立つ情報提供

著者について: